Site Overlay

教員一覧

教員一覧

哲学分野

井川義次
 中国近代思想史・東西思想交流史

中国哲学を研究対象としています。他方、16~19世紀の東西思想の交流の実態についても研究しています。帰化人・シルクロード等々、東西南北の思想交流に憧れをいだき、『史記』『水滸伝』『三国志』、儒教・道教ひいては仏教などアジアの知見、西欧世界の鋭利な論理に関心を持ち、歴史上両者が、交差した史実が無かったか知りたくなったのが今の研究の出発点です。

著作・論文
単著
『宋学の西遷ー近代啓蒙への道』(人文書院、2009年)

共著
『世界哲学史』別巻(筑摩書房、2020年)
堀池信夫総編集、石川文康、井川義次編『知のユーラシア』シリーズ、第一巻(明治書院、2013年)
井川義次他編『知のユーラシア』(明治書院、2012年)

 ▶️ https://trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000000046

津崎良典
 
西洋近代哲
学(フランス哲学)

西洋近代哲学(とりわけフランス語圏のもの)が専門。ここ数年は、モンテーニュならびに同時代人における古代ストア主義の受容・修正・活用、つまり新ストア主義の生成と展開の研究に傾注。

 

著作・論文
単著
『デカルト 魂の訓練』(扶桑社、2020年)
『デカルトの憂鬱』(扶桑社、2018年)
共著
『フランス文学の楽しみかた』(ミネルヴァ書房、2021年)
『世界哲学史』別巻(筑摩書房、2020年)
『よくわかる哲学・思想』(ミネルヴァ書房、2019年)
Curiosity and the Passions of Knowledge from Montaigne to Hobbes, Rome :Bardi Edizioni,2018
Normes et marginalités à l’épreuve,Strasbourg : Presses universitaires de Strasbourg, 2010
訳書
カンブシュネル『デカルトはそんなこと言ってない)(晶文社、2021年)
パガニーニ『懐疑主義と信仰ーーボダンからヒュームまで』(知泉書館、2020年)
ネグリ『デカルト・ポリティコ』(青土社、2019年)
ドヴィレール『デカルト』(白水社、2018年)
ライプニッツ『ライプニッツ著作集』第二期第三巻(工作舎、2018年)
ライプニッツ『ライプニッツ著作集』第二期第二巻(工作舎、2016年)
デカルト『デカルト全書簡集』第四巻(知泉書館、2016年)
ブロック『唯物論』(白水社、2015年)
デリダ『哲学への権利2』(みすず書房、2015年) Philosophie japonaise : le néant, le monde et le corps, Paris : J. Vrin, 2015

橋本康二
 
分析哲学

真理とは何かという問題と、必然的真理はどのようにして成立しているのかという問題を研究しています。


著作・論文
「名辞論理とヴェン図:オイラーの場合」(筑波大学『哲学・思想論集』第46号、2021年)
「空間的図形における真理と虚偽」(筑波大学『哲学・思想論集』第45号、2020年)
「数学的図形における真理と虚偽」(筑波大学『哲学・思想論集』第44号、2019年)

檜垣 良成
 
西洋近代哲学・ドイツ哲学

ハイデルベルク遠景(旅中の撮影)

研究としては、カントを中心にここに至るまでの西洋哲学史について検討しています。 哲学としては、現代においてはたいへん困難になった「真理の探求」としての〈対話〉について、理解を深め、実際に実践することに傾注しています。現代社会の一番の問題は、西洋的な意味での「真理」に対するリアリティの喪失だと表現できると思っています。

著書・論文
『カント理論哲学形成の研究 「実在性」概念を中心として』(溪水社、2009年『理性への問い 現代カント研究10』(晃洋書房、2007年)
「動機論としてのカント倫理学」(『倫理学年報』第61集、2012年)
「綜合的判断と実在性 カントによる分析的/綜合的の区別の成立」(『思想』1135号)
「対話と真理 教育とモラルの復興のために」(筑波大学『哲学・思想論集』第40号、2015年)

横山幹子
分析哲学

H. パトナム等の哲学者の考えを参考に、実在論や懐疑論について検討してきました。そして、それらの問題との関係から、近年は「知覚の問題」にも取り組んでいます。また、哲学と同様に、「知識」を問題としてきた「図書館情報学」と哲学的な存在論や認識論との関係についても興味を持ち、それについても研究しています。

 

著書・論文
「図書館情報学における存在論の対立:Gnoliの存在論的複数主義とHjørlandの存在論的一元論の比較」.Library and Information Science,2020, p. 1-21.
Yokoyama Mikiko:Rational Acceptability of Truth. Annals, vol.29, 2020, p. 27-39. a translation of a following paper originally written in Japanese:「合理的受容可能性と真理」(『科学基礎論研究』第35巻1号、2007年)
「パトナムの寛大な自然主義:「自然主義」に着目して」(『図書館情報メディア研究』第16巻2号、2019年)
「パトナムの選言説批判とリベラルな自然主義」(『図書館情報メディア研究』第15巻2号、2018年)
「真正な知覚的経験と神経活動」(『図書館情報メディア研究』第14号2巻、2017年)
「知識はどこにあるのか」(逸村裕・田窪直規・原田隆史編『図書館情報学を学ぶ人のために』世界思想社 2017年)

 

倫理学分野

五十嵐沙千子
現代思想

現代思想(特にハイデガーとハーバーマス)が専門。これを中心として次の2方向へ広がる。
まず一つは、ハイデガーから出発して、レヴィナスやシェリングの自由論の研究、さらに哲学における幸福論の研究。
もう一つは、
ハーバーマスを中心とした対話学。合意論、正義論、オープン・ダイアローグ(精神医療)、学校の民主化、組織論研究。
一方、哲学の実践としては「哲学カフェ」を主宰し、岩手から鹿児島まで日本各地で哲学カフェの開催を続けている

著作・論文
単著
『この明るい場所–ポストモダンにおける公共性の問題』(ひつじ書房、2018年)
“Carnival of Dialogue: Open Dialogue, Dialogic Classroom, Dialogic Organizational Development in Companies”(筑波大学『哲学・思想論叢』第39号、2021年)

「ハイデガーのシェリング『自由論』解釈に対する批判をめぐって」(筑波大学『哲学・思想論集』第46号、2021年)
「シェリングとハイデガーの自由」(筑波大学『哲学・思想論集』第45号、2020年)
「哲学における幸福論 ーヒルティ、アラン、ラッセルー」(筑波大学『倫理学』第36号、2020年)
「対話による共同体 – ティール組織の学校」(筑波大学『倫理学』第35号、2019年)
「バフチンの対話 / 対話としての詩学 – オープンダイアローグ(Open Dialog)の背景にあるもの」(筑波大学『哲学・思想論集』第44号、2019年)
「ハイデガーのニーチェ – ハイデガー『ニーチェの形而上学』をめぐってー」(筑波大学『倫理学』第36号、2018)
「世界からの下降 – ハイデガーにおける共同性」(筑波大学『哲学・思想論集』第43号、2018)
「対話である越境—オープンダイアローグ、討議倫理、あるいは哲学カフェの可能性をめぐって」(筑波大学『哲学・思想論集』第42号、 2017)
「現成する内蔵秩序—デヴィッド・ボームにおける対話的/物理学的アプローチ」
筑波大学『倫理学』第33号、2017年)
「中等・高等教育における対話型授業のあり方をめぐって—ソクラテス・メソッド(「哲学カフェ」)を用いた授業の可能性」(筑波大学『哲学・思想論集』第41号、2016)
「反復と伝承–『存在と時間』第74節をめぐって」(筑波大学『倫理学』第32号、2016)
「コーチングにおける教師と生徒の関係—本当に楽しい授業を共に生きていくために」(教育と医学、2015)
「O.S.ウォーコップにおける「主観」の復権」(筑波大学『倫理学31号』、2015)
「他の主体—レヴィナスとハイデガーの自由」(筑波大学『哲学・思想論集』第40号、2015)
共著
『オープンダイアローグの哲学』(東京大学出版会、2021年刊行予定)
『新科目「公共」を考える』(ひつじ書房、2021年刊行予定)
『歴史総合と世界史探究・日本史探究を教える–歴史教育「再」入門』(清水書院、2020年)

 

千葉建
西洋近現代倫理思想史・ドイツ啓蒙思想研究

 

著作・論文
内的義務の考古学序説――カントの義務論の一源泉としてのヴォルフ学派の義務論」(筑波大学『倫理学』第36号、2020年)
「カント倫理学において意志の弱さはいかにして可能か」(筑波大学『哲学・思想論叢』第36号、2018年)
「カントの徳倫理学と感情の問題」(筑波大学『哲学・思想論叢』第33号、2015年)

 

宗教学分野

小野基
インド哲学・仏教学

専門は仏教学・インド哲学。特に、ディグナーガの主著『集量論』に対するジネーンドラブッディ(Jinendrabuddhi, 8世紀)の注釈や、プラジュニャーカラグプタの主著『量評釈荘厳』に対するヤマーリ(Yamāri, 11世紀)の註釈の原典写本の校訂研究に取り組んでいる。


著作・論文(欧文を中心とした主要業績)
 On pramāabhūta – the Change of its meaning from Dignāga to Prajñākaragupta. In: Reverberations of Dharmakīrti‘s Philosophy. Proceedings of the Fifth International Dharmakīrti Conference Heidelberg, August 26 to 30, 2014.  Austrian Academy of Sciences Press. Vienna. 2020. 343-361.
 The importance of the Pramāasamuccayaīkā manuscript for research on the Buddhist vāda tradition. In: Sanskrit manuscripts in China III. Proceedings of a panel at the 2016 Beijing International Seminar on Tibetan Studies, August 1 to 4. China Tibetology Publishing House. Beijing. 2020. 289-330.
 A Reconsideration of Pre-Dignāga Buddhist Texts on Logic – The *Upāyahdaya, the Dialectical Portion of the Spitzer Manuscript and the *Tarkaśāstra. In: Transmission and Transformation of Buddhist Logic and Epistemology in East Asia. Ed. by Sh. Moriyama. Wiener Studien zur Tibetologie und Buddhismuskunde (WSTB). Heft 97. Vienna. 2020. 19-52.
 Keyword In Context Index to Dharmakīrtiʼs Sanskrit Texts (enlarged and revised edition). Ed. by Motoi Ono, Jun Takashima & Junʼichi Oda. Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA) Tokyo University of Foreign Studies. Tokyo. 2020.
 「第5章 真理論―プラマーナとは何か」, 桂紹隆編『シリーズ大乗仏教 9 認識論・論理学』, 東京, 2012. 155-188. 

近藤隼人
インド哲学


インド哲学、サーンキヤ、ヨーガ

著作・論文
“Expanding Mind: Conflict Concerning Transmigration in the Pātañjalayogaśāstra.” Indogaku Bukkyōgaku kenkyū 印度学仏教学研究 68, no. 3 (2020): 1129–34.
「チベット仏教学説綱要書に伝わるサーンキヤ思想―チャパ・チューキセンゲ『仏教説と外教説の弁別』サーンキヤ章解読研究」(筑波大学『哲学・思想論集』第45号、2020年)
「因中有果説の陥穽―五元素における性質の逓増問題―」(『印度学仏教学研究』第67号1巻、2018年)
「両面鏡比喩の帳面性―古典サーンキヤ映像説変遷史―」(『印度学仏教学研究』第66号1巻、2017年)
「因中有果説の極北」(『インド哲学仏教学研究』第22号、2015年)
“Reinterpretation of Tradition and Transmission: Āptavacana in the Yuktidīpikā.” Journal of Indological Studies 24/25 (2014): 137–68.

木村 武史
 
宗教学

 

宗教学、神話学、先住民族宗教研究、アメリカ宗教研究、サステイナビリティ・技術・宗教、宗教・ロボット・AI


著作・論文

著書・論文等の研究業績については以下をご覧ください。
▶️筑波大学TRIOS


志田泰盛
 インド哲学・
インド古典学

著作・論文
単著
“Hypothesis-Generating Logic in Udayana’s Rational Theology,” Journal of Indian Philosophy 39, pp.503-520, 2011年6月.
共著
「インドの論理学」『世界哲学史 別巻––未来をひらく』(筑摩書房、2020年)
“Udayana’s theory of extrinsic validity in his theistic monograph,” History of Indian Philosophy, pp.214-222, Routledge, 2018.

     


土井裕人

宗教学・人文情報学

西洋古代の宗教思想の研究を基盤に、人文情報学(デジタル・ヒューマニティーズ)や、哲学・思想からのダイバーシティの基礎づけについて研究しています。

 

著作・論文
「プロクロスにおける「媒介するモノ」としての魂の乗り物」(津曲真一・細田あや子編『媒介物の宗教史』下巻、リトン、2020年)
「日本における新プラトン主義受容の創始期をめぐって : 哲学と宗教の狭間で」(筑波大学『哲学・思想論集』第45号、2020年)
「視覚化と可触化による宗教学の教材作成とその応用に向けて」(『人文科学とコンピュータシンポジウム論文集』、2017年)

保呂篤彦
 
宗教哲学

・宗教と倫理をめぐる問題を中心にしたカント研究
・宗教多元主義に関する研究
・日本哲学と日本のキリスト教神学に関する研究

 

著作・論文
『カント道徳哲学研究序説――自由と道徳性――』(晃洋書房)
「「宗教多元主義」を越えて新しい宗教哲学へ」(南山宗教文化研究所(編)『宗教と宗教の〈あいだ〉』風媒社、所収)
「人間の尊厳をめぐって――バイオエシックスとカント――」(『岐阜聖徳学園大学紀要〈教育学部編〉』第42集、所収)
「現代の要請としての宗教多元主義」(間瀬啓允(編)『宗教多元主義を学ぶ人のために』世界思想社、所収)
「根本悪の克服──個人における、また人類における──」(日本カント協会編『日本カント研究9』理想社、所収)
「いのちの尊さをめぐる一考察──宗教的生命観の現代的意義──」(『岐阜聖徳学園大学仏教文化研究所紀要』第12号、所収)
「カントにおける宗教と幸福」(『宗教研究』〈日本宗教学会〉380号、所収)
訳書
ウィルフレッド・キャントウェル・スミス『宗教の意味と終焉』(共訳、国書刊行会、2021年3月)

吉水千鶴子
 
インド哲学・仏教学

インドとチベットの仏教思想を、サンスクリット語やチベット語の原典にもとづいて研究しています。一千年も二千年も前の人々の声を時空を超えて聞く楽しさ、行間を読み思想を再構築する難しさ、を味わいながら、枯山水のように無駄のない美しい論文を書きたいと夢見ています。仏教は人の生き方を提案するものです。それぞれの地域や時代を生きた人々が社会環境に制約されながら、仏教を伝承し、発展させてきました。その人生観や哲学を学び、それを今の人々に私から示すことができれば、と願っています。とくに専門とする分野は、中観思想と論理学です。近年は、インドからチベットへ中観思想が伝承されるとき、論書の翻訳や教育にたずさわった人たちの声を聞くべく、写本や文献の研究をしています。


著作・論文

著書・論文等の研究業績については以下をご覧ください。
▶️筑波大学TRIOS